頼もしいシアリス!翌日も相手とラブラブできるED治療薬

タダラフィルの作用

ED治療薬市場でそのシェア率を40%以上も占めていた事も有る国内でも最新の治療薬となるシアリスとは、国際的に誕生したのが2002年、国内での処方が認められる様になったのが2007年の事で有り、世界で100カ国以上の国で承認されており又、利用する男性の方が1000万人以上いるとされる医薬品で有り、その効果や特徴から「ウィークエンドピル」の愛称で呼ばれています。

シアリスが誕生する前には先行して他に二剤のED治療薬が登場していますが、どちらにも無い最大の特徴となるのが投薬から翌日まで作用を持ち越す事が出来るとされる長時間作用であり、国内で認められている最大の用量である20mgの投薬で持続時間を最大で24~36時間とする事ができ、従来医薬品では最大十時間を限界としていたので、これだけ長く作用するものは初となり週末や旅先で充実した性交を行う事ができ、男性の方が投薬から性交終了時まで気にする効果が失われる時間を気にする必要も無く、焦り等無く性交に集中する事が出来ます。

成分タダラフィルが可能にしている事であり、性質自体が水等に溶けにくいとされるので投薬から効き目を失い体外へ排泄されるまでが長い為に上記の特徴を得る事ができ、国内では成分用量の規格を5mg、10mg、20mgとしており、国内医療機関では何処に受診しても健康保険の適応が認められ無い医薬品で有る事も特徴となり、受診から投薬までの全ての行程が自費での負担となります。

作用としては同系統のものと変わらず、勃起を抑制あるいは解消する作用を持つ5型のホスホジエステラーゼ酵素を阻害し平滑筋弛緩作用を持つ環状グアノシン一リン酸の優位性を高め分解を防ぐ事で血管を拡張する事ができ、血流が海綿体へ流入する量を改善する事ができED改善効果を得る事ができ、時間を掛けての作用となるのでその分、副作用の発現を抑える事も出来るとされ、殆どの投薬した男性の方に見られる特異症状を少なく抑える事が出来ます。